バイクローン

銀行のバイクローンのメリット

バイクを購入する時に使用するバイクローン、実際どのようなバイクローンがあるのでしょうか?銀行、販売店、信販会社と大まかに分けて三種類あります。銀行のバイクローンのメリットについて説明をします。

 

銀行の場合かなりの低金利でローンを組むことができます。大型バイクなどは低金利でバイクローンを使えるキャンペーンもたまに見かけます。

 

ちなみに都市銀行でのバイクローン金利は年2.8%〜3.8%と低金利です。また銀行でのローンを契約した場合、販売店や、信販会社のローンと違い、所有権はバイクを購入した本人の物になります。そしてローンを組む時に必要な保証料などが掛からないところも大きなメリットです。

 

最近は、残価設定型ローンが商品として扱われています。残価設定型ローンはバイクを数年後販売会社に返しますが、その分支払いは少なくすみます。

 

しかし残価設定型ローンはバイクが盗難や事故などによって廃車扱いになると、残価設定している部分も支払いをすることになるので、残価設定型ローンの場合は必ず盗難保険、任意保険などに加入するべきです。

 

又、銀行の審査は難しいです。しかし、銀行に給料の振込、公共料金の支払いなどをしている場合は、銀行の厳しい審査にプラスになります。そして優遇措置として、通常の金利より低く金利を設定することができます。銀行からローンを組むこと=信用を得ることが非常に重要です。