バイクローン

スズキのバイクローン

スズキは自動車メーカーとしても国内外で有名ですが、バイクメーカーとして安定した人気があり、スズキのバイクを購入したいと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、バイク初心者がまず驚くのはバイクの値段です。バイクは意外と値段が高く、中古でも人気の車種はあまり値下がりしません。

 

今回はスズキのバイクをバイクローンで購入する時の方法について調べてみました。

 

スズキのバイクローンは最長120回支払い!

スズキのバイクローンは、ワールドバリュアブル120という長期ローンです。スズキの新車バイクを購入する際に、頭金0円から利用できます。

 

ワールドバリュアブル120の最大のメリットは、最長120回まで選べるという点です。月々の支払いを限りなく抑えながら、憧れのスズキの新車バイクを手に入れる事ができます。

 

月々の支払い回数や金額によって自分で支払い期間を決められるので、支払い額はなるべく抑えたいという人にも利用しやすいバイクローンです。

 

利用できるのは新車モデルに限られており、中古車は対象外です。

 

金利は実質5.9%となっており、他社のバイクローンとあまり変わりませんが、支払い期間などによってはこれよりも金利があがる可能性がありますので注意が必要です。

 

スズキのワールドバリュアブル120は繰り上げ返済が可能なので、例えば最初に長期ローンで申し込んでおいて、お金に余裕がある時にどんどんまとめて繰り上げ返済してしまう事も可能です。

 

繰り上げ返済で残高を減らせば、残りの支払い期間の短縮や、月々の支払いの見直しも可能で、さらにバイクローンの利用が便利になります。

 

返済回数は、6回〜120回から選ぶことができるので、かなりゆとりを持った支払いが可能です。

 

他社のバイクローンでは、大体60回までしか支払いができないというところが多いので、スズキのワールドバリュアブル120はかなり破格の条件と言えます。

 

ワールドバリュアブル120利用の流れと契約条件

ワールドバリュアブル120は、スズキのバイクショップで契約する必要があります。ローン契約の際には、シャチハタ以外の印鑑、写真付きの身分確認書類、住民票が必要になります。

 

ローンの契約をスムーズに行いたい場合は、事前に自分の希望車種がワールドバリュアブル120の対象になっているかどうか確認したほうがいいでしょう。

 

また、ワールドバリュアブル120が適用できるのは新車で30万円以上の車種に限られています。金額の上限はありません。

 

ローンの申し込みは店頭で必要書類に記入、捺印を行います。審査が通ればローンの契約が完了です。

 

実は、バイクの免許を持っていなくても、バイクの購入契約とローン契約を結ぶことは可能です。

 

ただ、納車の日には必ず新車に乗って帰る事になるのでそれまでには免許取得が必要ですが、手続き自体は免許取得の前に行う事は問題ありません。

 

ワールドバリュアブル120の申し込みは20歳以上が条件となっています。学生でもバイクローンを申し込むことはできますが、満20歳以上でないと自分の名義でローンを組むことはできません。

 

しかし、バイク自体を購入する事は未成年でも可能です。保護者の同意が必要なので、保護者を同伴してバイクショップに行くか、保護者の署名捺印済みの購入同意書が必要になります。

 

ワールドバリュアブル120のローンは、購入者が未成年の場合は親の名義で契約を申し込む必要があります。

 

頭金は0円から可能ですが、スズキのバイクショップでは現金、銀行支払い、バイクローンなど、支払い方法を組み合わせることも可能です。

 

たとえば法定費用の分は現金で頭金として支払い、バイクローンを組む前に銀行振り込みである程度の金額を支払って残りをローンにするという事も可能なので、自分のライフスタイルに合わせた支払いプランを相談してみるといいでしょう。

 

 

スズキのバイクローンの支払い例

スズキのワールドバリュアブル120を利用して人気の車種を購入した場合のローンシミュレーションの一例です。

 

≪GSR750ABS(メーカー希望税込小売価格\898,000 )≫
※頭金0円120回支払い・ボーナス払い併用で購入した場合

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
現金販売価格:¥898,000
支払回数:120
回実質年率:5.9%
金利負担額:¥283,876
支払総額:¥1,181,876
初回以降支払額:¥4,973
最終回支払額:¥4,945
ボーナス払い初回以降:¥29,257
ボーナス払い最終回:¥29,261
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

月々の支払いが5,000円以下で人気のGSR750ABSが手に入るのは、学生さんなどには非常に嬉しい支払額です。

 

しかし、金利負担額が30万近くになってしまうため、月々の支払額を上げたり、繰り上げ返済をしたりしたほうがお得です。

 

メーカー希望税込み小売価格\1,113,000のスカイウェイブ650LXを同様の条件で購入した場合、金利負担額は¥352,710と、かなりの金額になります。

 

スズキのワールドバリュアブル120を利用する際には、十分に支払い回数と金利のバランスを考えるのが大切です。

 

 

スズキのバイクローンは結局お得なのか?

スズキのワールドバリュアブル120の最大のメリットは、最大120回の支払い回数を設定できる事ですが、これは月々の負担額を極力まで抑える代わりに、最大10年間もの支払いが必要になることと、それに伴う金利負担です。

 

90万のバイクを120回払いにすると30万以上の金利が付いてくることになるので、トータルの支払い額がかなり上がってしまう事になります。

 

スズキのバイクがいくら性能が良いからといっても、1台のバイクに10年乗る人はあまりいないのではないでしょうか。

 

そう考えると、毎月の支払い額を多少上げる必要があり、120回払いを実際に選択するメリットはあまりありません。

 

また、スズキのワールドバリュアブル120は新車だけしか適用されないので、中古で安くバイクを手に入れたい人には利用できないローンです。

 

バイクをこれから選ぶのに選択肢が少なくなくなり購入できる車種が限られてしまうのはもったいないかもしれません。
ワールドバリュアブル120はあくまでもバイク本体のみにしか適用されないバイクローンなので、使用用途が限られてしまう事もデメリットです。

 

バイク用品をついでに購入しようとしてもその分はバイクローンの用途としては認められません。

 

融資資金も、ローン会社から直接スズキの販売店に振り込まれるので、自分の手元に現金が来ることもないので、完全にバイクのためだけのローンになってしまいます。

 

バイクを新しく購入する場合には、ヘルメットなど、様々なバイク周辺グッズが必要です。また、カスタムなどにお金をかけたいという方もいると思いますが、バイクローンはカスタム料金なども対象外です。

 

バイクの魅力と言えばやはり自分に合ったカスタマイズです。バイクローンで限度額いっぱいまで融資を受けてしまうと、月々の支払いのせいでせっかくのバイクをカスタマイズできないという場合も考えられます。

 

カードローンを利用すれば、使用用途が限られていないので、新車だけでなく中古車を買う事もできますし、バイクと一緒に周辺グッズを買うことや、カスタム費用に借りたお金を使うことができます。

 

カードローンは限度額の制限範囲でどういう使い方をしても自由なので、バイクは安いものを購入して、グッズやカスタムで充実させたいという人にとっては、バイクローンよりもカードローンの方が向いています。

 

また、カードローンはすぐに融資が受けられるのも大きなメリットです。自分がどういうスタイルでバイクを購入したいかに合わせて、バイクローンや、それ以外の選択肢も考えてみるといいでしょう。