バイクローン

審査を通過するために

キャッシングやローンなどは、急なお金の工面などに便利ですが、活用のためにはかならず審査を通過することが求められます。

 

返済能力はあるのか、またすでに他社から大きな額を借り入れていないかなど調べ、信用度合いを確かめます。業者側も、返ってくる前提でお金を提供するため、この点の能力は欠かせません。

 

そしてこの審査は、業者や金融商品によって厳しさが変わってきます。バイクローンについては、どのような特徴があるのでしょうか。

 

詳しい情報を知った上で、より確実に利用できるよう工夫してみてください。

 

 

バイクローンの審査基準を考える上でのポイント

通常のローンとバイクローンの大きな違いは、後者が専門ローンである点です。あらゆるショッピングに活かせる一般的なものと違い、バイク購入をメインとする金融サービスとなっています。

 

そのため、バイク購入を今まさに考えている人としては、嬉しい存在になってくれます。ユーザーを絞った展開をおこなっているだけに、やはりバイク購入者向けのメリットを盛り込んでいるケースが多いです。

 

そのため普通に考えれば、バイク購入するのであればバイクローンを利用しない手はないといったところです。ですが、やはり冒頭の通り、審査を通らなければ便利に活用することはできません。

 

実際のところ、厳しさはどういった感じなのでしょうか。

 

傾向としては、通常のものよりも通りにくいというのが基本的な考え方です。

 

理由は、前述でも触れた「専門ローン」であることに尽きます。用途に特化された金融商品というのは、何かと審査が厳しくなりがちなのです。

 

お金はない、だけどすぐにでもバイクは欲しい、そんな状況をかならずしも救ってくれる存在とはならないのです。

 

 

バイクローンにおける審査のポイント

審査ポイントとしては、一般的な金融商品ともあまり変わりありません。返済状況や職種、収入などを確認し、返済能力を確かめます。

 

ここで注意したいのが、収入が少なく、さらにアルバイト収入しかない学生などです。

 

近年は学生フリーター向けの金融サービスも多く登場していますが、こと審査が厳しくなりがちなバイクローンは、通りにくくなります。

 

学生以外の社会人に関しても、油断はできません。

 

月々の収入が十分であるか、職種が信頼に値するものであるかなどが審査で注目され、利用不可と判断されることもあります。

 

バイクローンを考えるときは、通常の金融審査を受けるときプラスアルファの慎重さで申し込むべきでしょう。

 

 

バイク購入に利用できる便利な存在

バイクローンが利用できないからといって、バイク購入を完全に諦めなければならないのかといえば、決してそうでもありません。いくつか検討できる存在があるので、覚えておくと良いでしょう。

 

まずひとつに、マイカーローンが挙げられます。マイカーと冠されていますが、同じく乗り物であるバイクにも使用できます。

 

ただ、バイクローン同様専門ローンであるに変わりないので、バイクのもので審査落ちした場合に関しては、あまり期待できないかもしれません。理想的な存在としては、銀行のカードローンがあります。

 

バイクに特化したローンでないながら、それこそフリーター向け金融商品も多数展開されているわけですから、バイクローンを落ちた場合であっても通る可能性は大きいです。

 

注意したいのは、クレジットカードを利用したバイク購入です。クレジットカードもまた、お金を借りるような形で高額な買い物ができる便利な存在です。

 

新車ともなれば結構な額となるバイクを買うわけですから、まさにうってつけの存在となってくれそうです。ですが、実際に利用できる確率は低いといえます。

 

なぜなら、そもそもバイク販売店では、クレジットカード利用不可とされているケースが多いためです。審査や返済どころか、そもそも利用できないとあっては、意味がありません。

 

基本的には使用を予定しないよう気をつけてください。

 

 

銀行カードローン選びのコツ

前述の説明の通り、審査の厳しいバイクローンが利用できない場合についての選択肢としては、銀行カードローンが理想的です。

 

ですが、このタイプのローンであっても選ぶ際に気をつけておくべき点がいくつかあります。ポイントを、押さえておきましょう。

 

まず、金利に関してです。

 

いくら審査が比較的低くスムーズに利用しやすい銀行カードローンとはいえ、金利が高いともなるとゆくゆくの支払いが大変です。

 

銀行や金融商品によってこの利率は異なってくるので、申し込む前に確かめておきましょう。主には、4〜18%ほどで設定されているケースが一般的です。

 

審査を好条件でクリアしており、なおかつ利用料金が大きい場合、より下限に近い利率が利用できます。

 

銀行カードローンと並んで便利な存在となっているものに、消費者金融もありますが、こちらはあまりおすすめできません。なぜなら、銀行カードローンと異なり独自の総量規制が伴うためです。

 

この規制では、バイクを買う上で十分な金額が借りたくても、借りられない場合があります。なぜなら、年収の三分の一以上は借りられないという決まりであるためです。

 

どれだけ好条件で審査をクリアできていても、この規制に関しては無視できません。原付などであればまだしも、本格的な中〜大型バイクともなれば結構な額になります。

 

消費者金融を検討する場合は、購入予定のバイク金額を考えた上で申し込むべきでしょう。

 

 

審査を受ける前の準備

バイクローンに通らなければ銀行カードローンがおすすめ、といった形で紹介しておりますが、この方法は慎重におこなうべきです。

 

なぜなら、審査に落ちた事実が信用機関で記録され、次回申し込み時の審査に影響する場合があるためです。試しに申し込んで、もし落ちたらすぐ別の選択肢を考える。

 

そういった方法の場合、本来なら通っていたはずの金融審査に通らなくなってしまうことへも繋がるということです。

 

この状況を防ぐためには、あらかじめ審査ポイントを把握しておき、自分の現状において通るかどうかを事前に考えておくことが大切です。

 

もし難しそうであれば、不要なチャレンジは考えず最初から銀行カードローンを選ぶべきです。

 

専門ローンのメリットが感じられなくなるかもしれませんが、低金利が利用できる、銀行サービスならではの信頼性を感じられるなど、銀行カードローンならではのメリットも少なくありません。

 

バイク購入が目的であっても、検討して損はありません。

 

いずれにせよ理解しておくべきなのは、かならずローンには返済が伴うということです。

 

バイクのような高額製品を買うともなれば、のちの生活を少なからず圧迫することに繋がります。

 

手持ちがなくても欲しいバイクを購入できるとはいえ、のちの生活を引き換えにしているということを忘れてはいけません。

 

収支のバランスを考え、計画的に利用するよう心がけましょう。

 

バイクローンは、通常の金融商品と異なり、「専門ローン」の位置づけに属します。

 

そしてこのような分野に特化したローンは、比較的審査が厳しくなりがちです。バイクローン=審査が厳しいと考えておいて問題ないでしょう。

 

もし自分の状況では通りにくいと感じるようなら、無理はせず銀行カードローンを検討してみると良いでしょう。

 

バイクローンのような専門性は期待できませんが、審査に通りやすく、また比較的低金利で返済していけます。メリット豊富な選択肢となるので、こちらもまた、検討して損はありません。