バイクローン

親に内緒でバイク買いたい

立派な社会人ならまだしも、学生や未成年、20代前半ともなると、ローンを組むことに抵抗も感じられることでしょう。

 

ローンや借り入れといえば響きは良いですが、借金に他なりません。借金が危険な存在であることを描いたドラマなどは数多く存在するので、気軽に利用できるものでもありません。

 

さらに、自身が良くても親などの家族はより抵抗を抱きやすいです。そこへきて、親バレするようなバイクローンというのは、困った存在となってきます。

 

目当てのバイクが欲しくても、肝心のお金がなければ手に入れることは難しいです。親バレせずに利用できるバイクローンというのは存在するのでしょうか。ご紹介します。

 

 

ずばりバイクローンは親バレしない?

バイクを購入する際に嬉しい味方となるバイクローンは、契約の自然な流れにおいて勧められるケースも少なくありません。

 

バイク店独自に運営しているものもあり、バイク購入にあたって安心して利用できます。親身にバイクを選ぶための相談に乗ってくれていた担当者が直接勧めてくれるという点も、ありがたく感じられます。

 

安心できますし、不明点を直接聞いてその場で不安解消することも可能です。とはいえ、冒頭の通り親バレしてしまうようであれば、少し考えた方が良いかもしれません。

 

さて、親バレするかどうかという結論についてですが、これは年齢によって異なるというのが実際のところです。親バレを心配しておくべき年齢というのは、ずばり学生の年代です。

 

なぜなら、バイクローンは基本保証人をつけなければならないと決められているためです。保証人不要を謳うバイクローンも存在するようですが、こと学生となると必須のようです。

 

保証人ということは、親でなくても問題ないのでは?とも考えられますが、これは基本的にかなり難しいです。

 

自分が返済できなくなったときに、代わって全額支払うという契約になるので、友人などが気軽に同意してくれることは稀です。

 

年が若いとなれば、その重要性をあまり知らず無知にも了承してくれる場合があるかもしれませんが、のちの人間関係に影響することも考えられますし、おすすめはできません。

 

そうなってくると保証人として頼る相手は、最終的に親となってきます。ですが保証人を依頼するということは、その時点で親バレしてしまうわけですから、バレたくない人としては困ってしまいます。

 

そうした理由から、バイクローンは学生が利用するときに限り親バレしてしまうローンであると把握しておくと良いでしょう。

 

親バレしないバイクローンとは

さて、学生は親バレなしでローン利用することが難しいわけですが、かといってバイクをすぐ諦めるというのは時期尚早です。

 

バイクローンと同じくローンサービスになっており、なおかつ親バレなしで利用できるものがほかに存在します。おすすめとしては、主に2種類です。

 

まずひとつに、学生ローンが挙げられます。通称学ロンとも呼ばれる、いわば学生の利用に特化した金融業者となっています。

 

基本的に、学業へ向けた融資をおこなってくれるサービスですが、中には学生身分でさえあれば、用途に限らず融資枠内で利用できるといったものも存在します。

 

学生ならではのメリットになってくるので、むしろ自分が学生であることに感謝したくなるかもしれません。親バレの面についてですが、この点も比較的安心です。

 

融資を受けたい学生となれば、親に内緒にしておきたいと考える人も一般的に少なくありません。そのため、学生ローン業者の多くでは親バレ対策をしているところも多く見られます。

 

担保・保証人不要となっており、契約から融資に至るまで親バレする可能性は少ないといったものです。

 

とはいえ、返済遅れなどの場合については、やはり学生ローン側も商売なわけですから、強行的に催促せずにはいられません。

 

それこそ親の元へ督促状などが届くことになるので、遅延はしないよう気をつけてください。

 

そしてもうひとつが、通常の銀行カードローンです。

 

どちらかといえば、こちらの方がおすすめでもあります。バイク向けに提供されている金融商品ではありませんが、同じくまとまったお金を工面してバイク購入に活かせる形となります。

 

注意すべき点としては、保証人不要であるサービスとそうでないところがあることです。

 

銀行カードローンであればどこでも大丈夫というわけでもないので、親バレ防止を徹底したいなら、注意して選ぶよう気をつけてください。

 

 

銀行カードローンがおすすめの理由

親バレの心配が基本的にないという点では、学生ローンも銀行カードローンも近いものがありますが、前述の通りよりおすすめといえるのはカードローンの方です。

 

ここでは、その理由について掘り下げていきたいと思います。

 

まず、学生ローンは利用者を学生に絞った金融業者となっています。

 

返済期間や追加融資については学生以降も利用できたりしますが、基本的には学生向けです。そのため、全国どこにでも店舗があるというわけでもありません。

 

特にメッカともいわれる高田馬場に集中しており、都内以外に住む人が利用する分にはあまり適しません。その点銀行カードローンは、全国各所に展開されており、借り入れも返済も自由度が高いです。

 

ウェブ審査のシステムも確立されており、場所を選ばず利用しやすいです。

 

次に、信用度が高い点です。冒頭の通り、それこそローンはある種の借金でもあるわけですから、初めて利用する人などとしては不安もつきものといったところでしょう。

 

場合によっては、ドラマなどでお馴染みの闇金に引っかかってしまう可能性も否めません。そんな中、全国的な知名度があるわけでもない学生ローンというのは、少し信用に欠けるかもしれません。

 

無名の消費者金融系についても、同じことがいえます。ですが大手銀行が運営するカードローンともなれば、そういった不安は大きく解消できます。

 

全国的に知名度があるほどの大きな銀行が、わざわざ闇金というリスクの高い手口をおこなうケースはまず考えにくいです。加えて、個人情報の取り扱い面などでも安心できます。

 

最後に、ある程度の責任感をもって利用できるという点です。同じ融資が受けられるサービスとはいえ、学生向けという特徴が伴った場合、どうしても便利さに甘んじてしまいやすいです。

 

事実、一般的なローン以上に好条件が揃ったところも少なくなく、大金を借りているという認識を持つことなく、勢いで借りてしまうケースも少なくありません。

 

社会性の乏しい学生世代ともなればなおのことです。

 

ですが、同じ学生による融資利用でも、学生から社会人までが広く利用できる銀行のカードローンであれば、いち大人として責任をもって借りているという認識も持ちやすいです。

 

それにより、借り過ぎや無責任な返済遅延、収支のバランスを考えられるといった効果が期待できます。

 

このような理由から、同じ親バレしにくい金融サービスでも、銀行カードローンの方がよりおすすめといえます。さらに低金利なところが選べれば、よりお得に返済していくことも可能となります。

 

親バレの心配が少ないローンでバイク購入を考えるのであれば、低金利のカードローンをぜひ選んでみてください。

 

バイクローンは、学生の場合保証人をつけることが原則必須となっています。そのため、親にバレず利用するというのは、少し難しいです。

 

親バレしにくいローンとしては、学生ローンと銀行カードローンが挙げられます。

 

特に後者であれば、保証人なしで便利に借り入れや返済ができる上、安易な借り過ぎを防ぐ効果も期待できるためおすすめです。