バイクローン

購入に役立てられるローンは?

バイクローン、さらにはローン自体はじめて利用するという人にとって、どういった種類があるのかは未知数でしょう。

 

今回、数ある中でも特におすすめしたい銀行やローンについて特集しました。バイク購入が目的とはいえ、かならずしもバイクローンでなければならないというわけでもありません。

 

条件を見つつ、より理想的なものを選ぶことがより高い満足度への近道です。そういった意味で、バイク専用ローンに留まらず、購入に役立てられるローンという視点で広く取り上げてみました。ご参考ください。

 

バイクローンを選ぶ際の注目ポイント

ローン商品や銀行にさまざまな種類があるだけに、もちろん内容もそれぞれです。まずはどのような点を注目して比較していくべきなのか、押さえていきましょう。

 

バイクは車と比べて比較的手軽な印象の乗り物ですが、物によってはかなり高額となります。そのため、第一に利用可能金額の確認は欠かせません。

 

いざ審査に通って利用可能となったとしても、バイク購入に必要な金額分が利用できないとなってしまえば、意味がありません。最大いくらまで利用できるのか、確認しておきましょう。

 

次に、金利です。金利とは、いわば銀行などの金融業者の取り分となる手数料のことです。これによって、業者側は利益を得る仕組みとなっています。

 

ですが、純粋に利益として持っていかれる金額は、多ければ多いほど利用者側としては損をします。つまり、手数料である金利がより低い業者を選ぶべきというわけです。

 

金利が低ければ、その分毎月の支払いにおける返済はより多くなります。同じ金額の支払いでも、最終返済日までの期間に違いが出てきます。

 

比較の上で、欠かせないポイントとなってきます。

 

そして、銀行などの金融業者名もチェックしておくべきです。融資額や金利が好条件であれば、どこに申し込んでも同じかといえば、決してそうでもありません。

 

大手有名銀行であれば審査が厳しいほか、バイクローンやマイカーローンといった専門ローンを独自に提供している業者であれば、バイク購入向けのメリットが多いながら金利は高いなど、それぞれにおいてメリットデメリットが見られます。

 

状況に合わせて、自分に合った業者が選べるよう工夫すべきです。また、知名度が低く法外な高金利を設定している業者などは、断固避けるべきです。

 

法に反する闇金系のローン会社である可能性も出てくるためです。この場合、簡単な審査で大きなローン枠が利用できたとしても、のちの返済で長きに渡り苦しめ続けられるかもしれません。

 

そのため、金利に限らず、ある程度は知られた業者を選ぶ方がより安心でしょう。

 

 

おすすめバイクローンについて

三菱東京UFJ銀行ネットDEマイカーローン

まずひとつに、「三菱東京UFJ銀行ネットDEマイカーローン」をおすすめします。その名の通り、ネットから申し込めるタイプの便利な自動車・バイクローンとなっています。

 

借り入れ金額は50万円〜500万円と幅広く、ある程度高額なバイクにも対応できます。

 

またバイク購入のみならず、購入に付随するオプション費用も合わせて割り当てられるので、関連する出費がまとめてまかなえる点も魅力です。

 

金利は年2.975%の変動金利となっており、信販系やバイク専門ローンなどと比べればかなり低金利の部類に入ります。

 

 

住信SBIネット銀行:Mr.自動車ローン

次に、「住信SBIネット銀行:Mr.自動車ローン」をチェックしていきましょう。こちらも同じくネット申し込み可能なローンですが、借り入れ金額は10万円〜1,000万円とより手厚いです。

 

金利は年1.775〜3.975の変動金利で、それに事務手数料を加えた額が返済金プラスアルファとして付随します。どこを切り取っても条件は良いので、検討して損はないでしょう。

 

ただ、その分審査が厳しくなる可能性も考えられます。

 

 

レッドバロン JACライダーズクレジット

バイク専用のローンとしては、「レッドバロン JACライダーズクレジット」をご紹介します。

 

こちらはバイク取り扱いに特化された「レッドバロン」の直営ローンとなっています。

 

最長120回の分割払い、支払い時期変更に対応したスキップローン、また支払いが残った状態でも乗り換えが検討できるツインリセットローン、フォロークレジットといったバイクユーザーに嬉しいオプションも魅力です。

 

金利は9.8%とやや高めですが、独自メリットに焦点を当てるなら選択肢に入れても良いかもしれません。

 

金利面が突出して魅力的なローンとしては、「神奈川銀行 新オートローン」が挙げられます。

 

上記まででも低金利マイカーローンをいくつか紹介してきましたが、こちらはさらに低い利率も期待できる、1.25〜5.17%の設定となっています。

 

変動金利と固定金利を、好みに合わせて選べる点もありがたく感じられます。

 

融資限度額は10万円〜500万円で、7年間の返済猶予が与えられます。金利面をとにかく重視したいなら、好条件といえるローン商品です。

 

 

より手軽に利用できる銀行カードローン

オートローンやバイクローンは、乗り物に特化したローンであるため、バイクユーザーに嬉しいメリットが期待できます。

 

加えて低金利のところもあり、魅力的に感じられることでしょう。ですが、一方で審査に通りにくいというデメリットも伴います。

 

十分な収入があり、さらにはじめてのローン契約などであれば安心ですが、そうでない場合には少し心配です。そこでよりおすすめしたいのが、銀行の一般向けカードローンです。

 

バイクのためのローンというわけでもありませんが、同じく購入に役立てられ、また審査も通りやすいです。おすすめのローンを、一部紹介します。

 

三井住友銀行

メガバンクのひとつである三井住友銀行が提供する「三井住友銀行 カードローン」です。大手ならではの信頼感に加え、契約極度額最高800万円、金利4.0〜14.5%という好条件が魅力です。
また三井住友のローンでありながら、三井住友銀行口座を持っていない場合でも最短30分で審査ができます。利用銀行に限らず申し込める点も、多くの人に活かせそうなポイントです。
一般カードローンとはいえ、三井住友のような大手銀であれば、やはりまだ審査は厳しめなのが実際のところです。

 

新生銀行カードローン レイク

現状に関連し、申し込みが難しそうと考えるなら、さらに手軽なタイプを選ぶと良いでしょう。「新生銀行カードローン レイク」は、中でもおすすめのひとつです。
融資額1万円〜500万円、金利4.5〜18.0%となっており、フリーターなどのライトなユーザーにも利用しやすくなっています。担保・保証人も不要なので、状況に限らず利用しやすいです。

 

アコム

同様のローンとしては、三菱UFJ系列の「アコム」も利用しやすいです。1万円〜800万円、金利3.0〜18%と、レイク以上に貸付限度額も高く、高額バイクの購入にも適しています。
さらに、はじめての契約なら30日間金利ゼロという嬉しいサービスも見られます。手軽かつ良心的なローンとして、役立てられます。

 

バイクを手に入れる上で、バイクローンは有意義な存在となってくれます。ですが、バイクに特化された専門ローンについては、独自のメリットも見られるながらやや金利が高めです。

 

銀行のマイカーローンや一般カードローンにも視野を広げ、より理想的なものを利用する方が望ましいでしょう。

 

特にカードローンについては、条件が魅力的かつ、審査も通りやすい存在となっています。職業や借入状況に限らず利用しやすいので、おすすめです。