バイクローン

免許取得前でもOK?

貯金はないけど、今すぐ目の前のバイクが欲しい!そんなときに便利なバイクローン。ローンを利用すれば、月々少しずつの支払いでバイクが購入できます。

 

ところが問題は、現在大型二輪の免許取得中だということ。まだ取得できていないのです。

 

目の前のバイクが気に入ったので、免許が取れた時にすぐに乗れるように買っておきたいと思います。

 

その場合、免許がなくてもバイクローンは組めるのでしょうか?ここではそのことについて考えます。

 

 

免許がなくてもバイクローンは組める

先に結論を言うと、免許がなくてもバイクローンは組めますし、バイクも購入することができます。バイクを購入するということと、公道を運転できるか、ということとはまったくの別問題なのです。

 

すべての乗り物は同じことが言えます。ヘリコプターの運転免許はなくてもヘリコプターのオーナーになることができます。

 

でも、もちろん運転は免許のある人しかできません。

 

もう少し説明するとこういうことです。バイクを購入する人すべてが、乗ることを目的に購入するとは言えないのです。

 

もしかしたら、バイク好きなカフェレストランのオーナーが、大型バイクをインテリアとして購入することもあるかもしれないのです。

 

オーナー自身がバイクの免許を持っていないからといって、バイクをインテリアとして購入できない、バイクローンも組めない、となると、それはおかしな話です。

 

繰り返しになりますが、バイクを所有するということと運転するということは別問題。免許がなくてもバイクは購入できますし、バイクローンも組むことができます。

 

そうなれば、以下のようなケースでのバイクローンも可能だということになります。

 

大型バイクを購入したいが、数年前クレジットカードの返済を滞納したためブラックリストに名前が載っている、それが理由で自分ではローンを組むことができない……。

 

それで、代わりに親にバイクローンを組んでもらいたいが、親は大型二輪免許を持っていない。もちろん、こんな場合も親御さんにバイクローンを組んでもらうことができるでしょう。

 

 

バイクローンで免許をチェックする理由

それでは、バイクローンを組むときになぜ免許証をチェックされるのでしょうか?それは、ほとんどが単に本人確認のためです。

 

本人確認のためなら保険証やパスポートでもよいのですが、事業柄免許証が調度よいのです。それで免許証での本人確認に統一しているお店が多いです。

 

ただ、お店によってはポリシー的に「免許を持っていることを確認してから売却を」と決めているお店もあるようです。

 

後になって無免許の人に売却したことが分かり、やっかいな問題に巻き込まれないようにするためです。道義的に、念のため確認、ということでしょう。

 

また、中にはお店がやっているキャンペーンの関係で免許証の提示が求められることがあります。たとえば、某店が開催する初心者ライダーキャンペーン、免許取得補助キャンペーンなどです。

 

こういった場合は免許証を提示することでバイクが安くなったり、数万円補助金をもらえたりするのでお得です。

 

免許はまだ取れていないものの、先にバイクだけ準備しておきたい場合、もしも免許証の提示を求められたとしても、現在教習所に通っていること、いつが卒業予定なのかなどを伝えれば問題なくバイクローンが組めるでしょう。

 

 

免許取得よりバイクを先に買うデメリットと対処法

ここまでで、バイクの免許取得がまだでもバイクローンを組んでバイクを購入できる、ということについて考えてきました。

 

しかし、たいていの場合は免許を取得してからバイク屋さんに行き、バイクを購入しますね。その方がいろいろと便利だからです。

 

ここでは、免許取得よりバイクを先に買うデメリットと対処法について考えてみましょう。

 

まず一つ目のデメリットとして、バイクを購入した日にバイクに乗って帰れない、ということが挙げられます。せっかく購入しても、免許が取れるまではお店に預かってもらわなければなりません。

 

それか、バイク屋さんのスタッフに、家まで運んでもらう必要があります。そういうサービスがあるならばの話です。

 

二つめのデメリットとして、試乗ができない、ということが挙げられます。免許を持たずに公道を走ると、無免許運転になりつかまってしまいます。

 

免許取得前にそんなことになってしまっては大変ですね。多くのディーラーでは、試乗車会というのを開催していて気になるバイクに試乗することができます。

 

その場合でも免許証は必要なので、乗り心地を確認してから購入したい場合には、まず免許を取得できてからバイクを購入した方がいいでしょう。

 

最後に挙げるデメリットとして、ナンバーを取得した日から税金がかかるので、免許がなくて乗れないのに税金を払わなければならないということが挙げられます。

 

対処法としては、ナンバー取得の手続きをバイク屋さんに頼まずに、免許取得後に自分で役所に行って手続きをすることで解決できます。

 

普通なら自賠責保険や新車登録などの手続きも含め、バイク屋さんがやってくれるのですが、免許取得までにまだ長くかかりそうなら、登録手続きは自分でやることにしましょう。

 

こうして考えると、免許取得よりも前にバイクを購入するのはあまりメリットが無いように思えます。

 

 

バイクローンは免許取得してから組んだ方がお得

上記では、免許取得前にバイクをローンで購入することのデメリットについて考えてきましたが、お金の有効利用の方面から考えても、バイクローンは免許を取得してから組んだ方がお得だということができます。

 

たまにあるケースとして、もう少しで免許が取れそうだ!と思っていてもハプニングが発生し、免許取得が数か月、いや、半年くらい遅れてしまう、ということもあるからです。

 

そんなことにはなりたくありませんが……。免許取得までの時間が長引いている間、できるだけバイクローンの頭金を多めに溜めておいた方が、バイクローンの利子を低く抑えることができます。

 

ローンを組まずに一括で購入できる可能性も無きにしもあらずです。

 

また、余談になりますが、バイクローンの利子を低く抑えたいなら、ローンの種類についても検討しましょう。

 

バイクローンは比較的審査に通りやすいといわれていますが、金利はあまり低くないのです。

 

金利をできるだけ低く抑えたいなら、バイク屋さんで紹介される信販系のバイクローンではなく、低金利のカードローンにした方がいいかもしれません。

 

利子は塵積もってけっこう大きな額になるもの。少しでも低金利のローンを見つけましょう。

 

ここまでで、免許を持っていなくてもバイクローンは組めるのか?ということについて考えてきました。

 

 

まとめ

最後にポイントをまとめると、免許を持っていなくてもバイクローンを組んでバイクを購入することができる、ということです。

 

このようにして、免許取得前にバイクを購入しておくこともできますし、免許を持っていない親に自分の代わりにバイクローンを組んでもらうこともできます。

 

ただし、バイク店によってはポリシーとして免許を持っている人にしか売ってくれないこともあるので、そこのところは少し粘っても無理なら引き下がらざるを得ないかもしれません。

 

免許取得前にバイクローンでバイクを購入することにはリスクもあるので、その点も考慮に入れつつお気に入りのバイクを購入するタイミングを検討しましょう。