バイクローン

厳しい審査

信販会社のアンケートによると、信販会社ローンは手軽に借りられるという結果があります。しかし、最近銀行と提携し審査が厳しくなり敷居が高くなりつつあります。

 

審査時間は信販会社によっては一日程度で結果が出ますが、ほとんどの場合、仮審査という形で本審査は後日という形になります。通常、本審査は落ちることはありません。しかし、提出書類の不備や仮審査の時に偽りの内容を記入した場合、本審査が落ちることがあります。

 

例えば、信販会社で仮審査が通過した後、引っ越しをして本審査の時に住所が違うということで本審査が落ちてしまったことがあります。即日の審査だからと言って決して甘いものではありません。

 

また信販会社は数多くありますが、よく選別をしてローン審査を行った方が良いです。販会社にローンの審査を出せば、必ず信用会社に情報が登録され、あまりにもローンの申し込みが多いとローンの審査が通らない可能性があります。そして記録として7年近く残ってしまいます。

 

また信販会社でバイクローンを契約するとバイクが担保になります。車検証や名義が信販会社になり、ユーザーは使用者となります。仮に月々の支払いが出来なく3か月以上の滞りが有ると無条件に担保となっているバイクは信販会社に移ります。

 

また信用会社に事故として登録され、今後他のローンを組むことはできなくなります。バイクローンだから気楽に考えずにお金を借りるということは社会的責任も必ずついてくることを覚えておいてください。