バイクローン

ジャックスのバイクローン

バイクの購入資金のためにバイクローンを検討するという方は多いです。バイクは意外と高額な買い物です。最新の車種や大型バイクなどは、100万円を超えるバイクもあります。

 

また、バイクは中古価格も自動車と比べてあまり下がらないという事も、バイクを購入するためのハードルとなっています。

 

バイクは欲しいけれどどうしても購入資金が足りないという時に強い味方になってくれるのがバイクローンです。

 

今回はバイクローンの中でも大手のジャックスのバイクローンをご紹介します。

 

 

ジャックスのバイクローンと他のバイクローンの違い

ジャックスのローンは、バイクや車のローンでは非常に有名で、ほとんどのバイクショップやカーディーラーで取り扱っています。

 

ジャックスは、VISAやマスターカードと同じクレジットカードの会社です。VISAやマスターカードは海外ブランドのクレジットカードですが、ジャックスは国内のクレジットカードブランドです。

 

ジャックスはクレジットカード発行以外に、様々なローンの商品も取り扱っています。その中の1つが、ジャックスのバイクローンなのです。

 

バイクローンは一般的に2種類あり、バイクメーカーが独自に提供しているバイクローンは、そのメーカーの新車にしか適用できないなど、かなり使用する際に制約があります。

 

そのため、バイク選びの自由度が低くなってしまうので、メーカーのバイクローンをあえて選ばないという方もいます。

 

ジャックスのバイクローンは、どこのメーカーのバイクでも、新車中古の関係なく利用する事が可能です。
そのため、ジャックスのバイクローンを扱っているショップのバイクであれば好きなものを選んで、ローンを設定することができます。

 

バイクには人気の車種が中古でしか手に入らないという場合もありますので、ジャックスのバイクローンのように、新車でも中古車でもブランドに関係なくローンを組めるというのは利用者にとっては便利です。

 

 

ジャックスのバイクローンは2種類

ジャックスで取り扱っているバイクローンは「バリアぶるプラン」と「ライダーズサポートクレジット」の2種類があります。

 

バリアぶるプラン

バリアぶるプランは、残債型と呼ばれるタイプのローンです。残債型のローンのメリットは、支払い途中に繰り上げ返済ができる事です。

 

繰りあげ返済を重ねれば重ねるほど残りの返済期間が短くなり、金利がかかるのも少なくなるので非常にお得です。

 

バリアぶるプランでは、返済期間を短縮して支払う事も可能です。期間短縮増額払いというものができますので、余裕がある月は月々の支払額を増やして、支払い期間を短くすることができます。

 

これをチェンジアップ方式と言います。

 

その反対に、どうしても支払いが苦しくなってしまった場合に、期間固定減額払いという、チェンジダウン方式の支払いに変更して、ある一定の期間から月々の支払額を減らすという事も可能です。

 

ライダーズサポートクレジット

ライダーズサポートクレジットは、盗難見舞金が付いたバイクローンです。バイクは自動車に比べて盗難被害の多い乗り物ですが、盗難保険が非常に割高です。

 

そのため、バイクの盗難保険に個別に入るのはなかなか難しく、バイクの盗難保険は普及していないのが現状です。

 

ライダーズサポートクレジットでは、盗難保険に入るかわりとして、盗難見舞金をローンに付帯したバイクローンです。

 

契約日から一定期間内にバイクが盗難にあってしまった場合、盗難見舞金が支払われるシステムです。

ジャックスのバイクローンは、ホームページを見ても金利や詳細が掲載されていません。調べたところ、バイクを購入する店舗によって金利が異なるようです。

 

そのため、ジャックスのバイクローンを利用したい場合は、まずバイクショップでジャックスのローンと取り扱いの有無と、金利について確認する事が必要です。

 

大体の目安ですが、通常のバイクローンの金利は4〜7%程度のところが多いため、ジャックスも店舗によって違いはありますが、4〜7%程度の金利が多いようです。

 

 

ジャックスのバイクローンの申し込み条件

バイクの免許が取得できるのは16歳からですが、残念ながらバイクローンは未成年では申し込むことができません。

 

高校を卒業していても、未成年がバイクを購入する際にバイクローンを利用する場合は、保護者名義で申し込む必要があります。

 

ジャックスのローンにはショッピングローンというものがありますが、こちらは親の同意があれば未成年でも利用できますが、バイクの購入となると、なかなか高額な買い物になりますので、未成年がショッピングローンの審査に通ったとしても、バイクの購入資金には到底足りないでしょう。

 

そのため、バイクが欲しい未成年にはなかなかバイクローンの申し込みのハードルは高いですが、年齢が20歳を超えていれば、就職していない学生でもバイクローンを申し込むことができます。

 

ただし、バイクローンの申し込みには融資のための審査が必要です。審査の際には、ローンの申込者に返済能力があるかどうかを審査されます。

 

ジャックスのバイクローンの審査は比較的緩いといわれていますが、高額な車種になればなるほど、審査のハードルは上がると考えていいでしょう。

 

ジャックスのバイクローンに関しては、ジャックスのホームページに詳細が載っていないことと、購入する車種や店舗によって金利が違う事もあり、審査の内容も分かりにくいと言われています。

 

基本的に審査は短時間で終わり、当日に契約できる場合が多いようです。

 

 

ジャックスのバイクローンを利用する時の注意点

ジャックスのバイクローンを利用する場合は、バイクの所有権が自分のものにならない点は注意が必要です。

 

お金を借りて払ったのだから所有権は自分のものになると思ってしまいがちですが、バイクローンを利用する場合は、バイクの所有者がバイクショップもしくはジャックスになります。

 

そのため、ローンを完済するまで所有権が自分のものにならないという事は知っておくべきポイントです。

 

バイクローンを利用する場合のデメリットとしてよく問題になるのですが、所有権が自分のものではないバイクは、譲渡や売却ができません。

 

バイクローンは高額のローンを多くの分割回数にして、月々の支払額を抑えるパターンで利用する人が多いですが、途中で新しいバイクが欲しくなり、今のバイクを下取りに出そうとしても、ローンの残債が出ている限り手放すことができません。

 

これは意外と知らない人が多く、バイクを下取りに出してローンの残債を返そうとしてもできなかったというトラブルが多いのです。

 

ジャックスのローンは比較的審査が緩く、金利も低い方なので、バイクを購入する際のローンとしては便利です。

 

しかし、どうしても所有権の問題で躊躇してしまうという方も中にはいます。他にも、審査に通らなかったり、保証人を求められたり、バイクローンは高額なため、思わぬ部分で手間がかかる場合があります。

 

そんな時は、バイクローン以外にも、カードローンを利用するという手段もあります。カードローンは最近低金利のものもたくさん出ているので、ジャックスのローンを申し込むより手軽で便利な場合もあります。
また、カードローンなら使用用途が限定されないので、バイク用品以外にも車検や整備に利用することもできます。

 

これからバイクを購入するなら、カードローンを事前に作っておくと、万が一の時に役に立つかもしれません。