バイクに対する想い・思い出

始めての彼氏とバイクの思いで

彼とはアルバイト先で知り合い、とてもかっこいい人だったので付き合った当初は夢のようでした。私はまだ高校生で、彼は大学生でした。

 

彼とデートするときは、彼が学校までバイクで迎えに来てくれました。私はかっこいい彼がバイクで校門のところで私を待っているのがとても嬉しくて、友達に自慢してました。

 

春になると、地元でも有名な桜並木を彼が運転するバイクの後ろに乗りながら見た夜桜は今も忘れられないくらいにとても綺麗でした。

 

真っ暗な空にピンク色の桜が街路樹に照らされていて、そのしたをバイクで通り抜けたのは人生の中ではあの時一回だけでした。

 

彼は単車というバイクに乗っていたので、夏には海にも毎週連れて行ってくれました。暑い夏の中をバイクで走り抜けるのはとても気持ち良かったです。

 

私は女なのでバイクを運転することはできませんが、高校生の頃はバイクに乗っている男性はとてもかっこよくてバイクを運転できるというだけで女の子にモテモテでした。

 

たまに春になって桜並木を夜に歩いていると、初めて付き合ったバイクの彼を思い出します。今もまだあのバイクに乗っているのかなぁ?

 

それとも、今は他のバイクに乗っているのか、わからないけど今も元気に過ごしていてくれたらな、と思います。