バイクローン

バイクローンは学生でもOK?

風を切りながらハイスピードで移動できるバイクに憧れる若者は、少なくありません。

 

中には、学生の身分でありながらすぐにでも本格的なバイクを乗りこなしたい、そんな風に目標を抱いている人も多いことでしょう。

 

ですが、その場合やはり悩まされるのが、お金の面かと思われます。高額のバイクを手軽に手に入れる方法としてバイクローンが有名ですが、学生の場合でも使えるのでしょうか。

 

また使えない場合、それに変わる有効な方法は存在するのでしょうか。詳しくご紹介していきます。

 

 

バイクローンは学生でも利用できる?

まず、利用できるかどうかについてですが、こちらは基本的に問題ありません。学生であるかどうかにかかわらず、正規に申し込み審査を通ることで利用可能です。

 

ただ、社会人とまったく同じ条件でというわけにもいきません。そして結論として、学生におけるバイクローンは実現が難しいです。

 

理由としては、まずひとつに審査条件をクリアすることが難しいためです。バイクローンは一般的な金融商品と異なり専門ローンの部類に入るため、基本的に審査が厳しいです。

 

それに加え学生という状況が伴うわけですから、落ちる確率は一層高まります。特にポイントとなるのが、職業や収入面についてです。

 

そもそも安定収入がなければそこでアウトですし、もしあったとしても、月収の少ないフリーターであれば印象が良くないです。

 

逆に有利となる部分としては、借り入れ状況面が挙げられます。社会生活の長い人であれば、バイクローン申し込み以前にキャッシングやローンで借り入れをおこなっているケースも考えられます。

 

そしてこの場合、二重以上の返済も考えられるため、返済能力は低く見られてしまいがちです。その点、若い学生ならそのケースが少なく、問題となりにくいです。

 

次に、親や保証人の承諾を必要とする点です。フリーター向けの金融商品であれば、一定金額以内なら保証人不要となっている場合も多いですが、バイクローンの場合そうしたケースはあまり見られません。

 

もし親の承諾が受けられるようであれば、そもそもローンを組む以前に、購入額を援助してくれることでしょう。ですが、それができないためにバイクローンを検討しているわけです。

 

そうなってくると、承諾してもらえる確率は低いでしょう。このことから、学生における親の承諾を受けることは難しいといえます。保証人に関しても、学生身分で見つけることは難しいでしょう。

 

20歳過ぎている大学生や専門学生の方であれば、利用できる可能性もありますが、高校生など未成年者の方はかなり厳しいといえます。

 

また仮に利用できたとしても、以降長きに渡っての返済が求められることとなります。二十歳前後といえば、学業、就職、そしてプライベートといずれも大切な時期です。

 

そこへきて、毎月まとまった額を返済し続けるというのは、容易ではありません。このような理由から、学生におけるバイクローン利用は難しい、もしくはおすすめできないという結論を挙げることができます。

 

どうしてもバイクローンを利用したいなら、学生期を終えてからの方が無難でしょう。

 

 

銀行カードローンでより確実な融資を

バイクローンが難しいとはいえ、バイク熱の上がった若者としては、すぐに諦められないというのが本音でしょう。

 

小気味良いエンジン音と風を切る感触、独特のスタイル、一度思い描いたらそうそう頭からは離れてくれません。ですがご安心ください。

 

学生でも高額バイクを購入する方法は、まだ残っています。銀行カードローンの利用が、特におすすめです。

 

銀行のカードローンは、バイク購入向きに作られているローンサービスではありませんが、同じく購入金額の工面に役立てられます。

 

一定金額以下における収入証明書不要、学生による利用をそもそも歓迎している商品も少なくない、金利が低いなど、安心感感じられる特徴が多数伴います。

 

特に金利に関しては専用のバイクローンと同様、もしくは大きく下回るケースすらあります。大きな買い物をするだけに、金利の違いは死活問題ともなりかねません。

 

今懸命に勉学に臨んでいても、それがかならずしも安定収入に繋がるとも限りません。将来のことも考え、できる限り負担の少ないローンを利用するに越したことはないです。

 

また、後述で紹介する学生ローンと異なり、基本的に利用用途に縛りがありません。学業に関する出費のみ、関連イベントへの利用に限るといった学生ローンならではの規則もなく、自由に使えます。

 

目的であるバイク購入についても、気兼ねなく利用できるというわけです。とはいえ、学生ローンにも学生ローンなりのメリットがあるので、特徴を比較しながら検討すると良いでしょう。

 

 

学生ならではの金融商品を役立てる

学生という身分は、すべてがバイク購入においてデメリットとなるわけでもありません。前述でも触れた学生ローンは、学生だからこそ役立てられる金融サービスとして重宝できます。

 

学生ローンには、特有のメリットが複数は伴います。例えば、学生向けに金利が抑えられている、未成年でも利用できるところがある、保証人・担保が必要ないなどです。

 

とにかく、全体的に条件が優しいイメージです。名前の通り、基本的には学業向けの融資を提供してもらえるサービスですが、近年は用途に限らず利用OKとしているところも少なくありません。

 

東京高田馬場に集中している点が特徴的となっているので、都内大学に通う学生などは特に重宝しやすいです。

 

また、学生ならではの事情に配慮してくれているという部分も心強いです。

 

まだ学生の身分といえ、やはり時には贅沢な買い物やイベントなどにもお金を使いたくなるものです。とはいえ身分が身分なだけに、親はそれを良く思わないでしょう。

 

借金までして実行するともなれば、もってのほかといったところかもしれません。そんなときも、学生ローンは味方になってくれます。

 

そうした事情も考え、親バレ防止の工夫をしてくれている業者も少なくありません。さまざまな意味で、学生に嬉しいローンなのです。

 

とはいえ、何事もメリットがあればデメリットもあるのが世の常です。学生ローンについても、気をつけるべき点は存在します。

 

例えば、利用しやすいだけに金銭感覚が乱れる、返済が遅れた場合親に連絡がいくかもしれないといった部分です。

 

学生ローンであっても、一般的な金融商品同様、返済のこともしっかり理解した上で利用するべきです。

 

 

結局何が理想的なの?

学生によるバイクをローン購入する方法として、結局のところどの方法が理想的なのでしょうか。おすすめとしては、銀行で借りるタイプのカードローンかと思われます。

 

低金利で気軽に借りられ、さらに学生向けの考慮などが伴わないため、金銭感覚が大きく乱れるという心配も少ないです。

 

メリット面だけを考えれば、学生ローンは魅力的ですが、長い人生のことも考えた場合、便利かつある意味堅実なカードローンが有効に感じられます。

 

魅力感じられる銀行、商品を選んで、うまく役立ててみてはいかがでしょうか。

 

 

学生の場合、バイクローンを利用することは難しいです。

 

そもそも審査の厳しいローンタイプなので、借り入れ実現が難しいこと、親や保証人の承諾が必要となる点が伴うためです。利用するのであれば、銀行カードローン、もしくは学生ローンが理想的でしょう。

 

ただ、学生ローンには安易に借り入れし過ぎてしまいやすいという危険性も伴います。バイク購入に繋がるお金を工面でき、なおかつある程度堅実性のある銀行カードローンが、より理想的といえるでしょう。