バイクローン

バイクローンにおける頭金について

お金に余裕がない状況でも、高額の買い物が可能となるローンは、多くの人にとって役立つ存在となってくれます。

 

ですが、頭金が高いとなると、ローンで分割支払いできたとしても、少し負担は大きくなります。

 

高いものではゆうに100万円以上するバイクを検討しているともなると、不安も大きいことでしょう。バイクローンについては、頭金が必要となってくるのでしょうか。

 

バイク向けに提供されているローンであるため、バイクユーザーとしては利用できるとありがたく感じられますが、頭金次第では慎重になるべきです。

 

バイクローンにおける頭金について、ご紹介します。

 

ずばりバイクローンに頭金は存在する?

これは、金融会社や銀行、また商品によって異なるようです。

 

ですが、金融業界全体を見ても頭金が必要なローンは減る傾向にあるため、比較的少ないといえるでしょう。

 

ただ、利用を考えているバイクローン提供業者で絶対に頭金が必要ないとは限らないので、念のため確認しておくべきでしょう。

 

頭金を支払う理由や特徴

頭金を支払うことには、もちろん理由があります。そして冒頭ではある種負担になるとご紹介していますが、むしろメリットにも感じられるため、詳しく知っておきましょう。

 

まず、頭金を支払う理由としてあなたの信頼度が伝えられるという点を覚えてください。

 

バイクそのものの額から見るとかなり低い金額とはいえ、一度にまとまった額が支払える能力は、長期にわたりお金を貸す上での信用に繋がります。

 

ローンや借り入れは信用がすべてといっても過言ではないので、この点は大きいです。

 

そうした理由から、大手よりも中小系やバイク店で提供しているバイクローンに頭金は多く見られます。大手であれば、信用調査のシステムや資金力も揃っているため、そこまで慎重な確認はしません。

 

ですが小規模な業者の場合、滞納や自己破産するような客に融資してしまうと、大きな損害ともなりかねません。

 

そのため、小規模業者の方が頭金を導入していやすいといえるのです。

 

次に、頭金を払うことのメリットもご紹介します。

 

通常であれば、一定率に分割して払えるところを、初回のみまとまった額支払うわけですから、人によっては負担と感じられるでしょう。

 

ですがその結果、ローン会社はあなたを信頼できる人物と見定め、より審査が有利になったり、利用可能額を増やしたりしてくれるかもしれません。

 

前述の通り、頭金が支払えるということは返済能力における信用に繋がるためです。

 

またもう一点、分割返済額がまとめて減らせるという部分もポイントです。

 

ローンなどの借り入れサービスには、基本的にかならず金利が伴います。支払額すべてが返済に充てられるのではなく、金利を引かれた分のみが返せる形となります。

 

金利はいわば業者側が持っていく手数料の部分であるため、支払い回数が多ければ多いほど、損をしてしまいます。

 

ですが初回にがばっと総支払い額を減らせていれば、返済期間を短くすることが可能です。特に、バイクローンは数あるローン商品の中でも比較的金利が高い部類に入るため、嬉しい特徴となってくれます。

 

お金に余裕がない人にとって、頭金支払いが伴う場合気になるのが、金額かと思われます。

 

お金がないからこそローンを利用するわけですから、そこで飛び抜けた額を提示されるともなれば、バイク購入どころではありません。ですがご安心ください。

 

まとまった額が必要になるとはいえ、高くても15万円程度というのが相場です。

 

それ以下の場合が多いですし、そもそも頭金制度を利用している業者も少ないので、この程度準備できていれば比較的安心です。

 

 

頭金がどうしても不安なら

バイクを購入するからといって、かならずしもバイクローンを利用しなければならないというわけでもありません。

 

確かに、バイク店などでは契約の流れでさらっと勧めてくれるといったケースもありますが、それがベストな選択になるとは限らないのです。

 

そのため、頭金不要のローンを選んでそこでお金を工面するといった方法を選んでも、まったく問題ありません。

 

前述の通り、バイクローンは比較的金利が高い金融商品でもあるため、金利支払いに関してもこちらの方が好都合となる場合もあります。

 

それでは、いったいどのような業者のどういったサービスが理想的なのでしょうか。

 

おすすめは、銀行のカードローンです。

 

バイクを買うとはいえ、買い物に変わりはないため、一般的なカードローンを利用した支払いでもまったく問題ありません。

 

そして資金力のある、金融のプロといっても過言ではない銀行が提供しているサービスであるため、頭金を必要とするところはほとんど見られません。

 

頭金を伴わないという風潮が広がっている昨今でもあるため、特に新しいローンサービスなどであればより確実でしょう。

 

さらに、先ほどからたびたび取り上げている重要なポイントである、金利面も比較的低いです。3〜4%ほどを下限としているところも多く、軽い負担で返していきやすくなります。

 

 

銀行カードローン利用時の注意点

バイクローンより条件や安心面で魅力的とご紹介した銀行のカードローンですが、だからといって一切不安を持たず活用すべきかといえば、そうでもありません。

 

好条件とはいえ、借金は借金に変わりはありません。詳細をしっかり把握した上で、利用検討をおこなうべきです。

 

まず重要なのが、利用額についてです。バイク購入ともなれば、結構まとまった額への使用を考えている人が多いことでしょう。ですが、そうでない場合もあるかもしれません。

 

例えば、一部は現金で支払い、残りの一部のみでカードローン支払いを利用したいといった場合や、そもそもリーズナブルなバイク購入を考えているといったケースです。

 

そうなってくると、バイク購入といえローン利用が必要な金額は少なめになるかもしれません。利用する額が少ないことにより懸念すべき影響は、金利が高まることです。

 

前述で、銀行カードローンなら下限3〜4%ほどでも借りられるとご紹介しました。銀行やプランによっては、1%を切ることすらあります。

 

ですがこれは、あくまで審査をスムーズに通過し、なおかつ高額利用の契約を結ぶケースです。少額支払いに使用する場合は、上限の18%に近い利率が適用される場合もあります。

 

つまり、少額利用時に関しては銀行カードローンであっても慎重になるべきということです。3〜4%と18%というのは、かなりの差です。

 

さらには頭金支払いをおこなわず、全額分割で月々支払っていこうと考えているのであれば、なおさらです。のちのちの人生を苦しめることにも繋がるため、注意してください。

 

頭金が必要となるバイクローンは、少ないながら事実存在しているようです。お金がない状況だからこそローン検討をしている、そんな人にとって、結構な負担となることでしょう。

 

ですが、近年は頭金を要する金融業者は減る傾向にあります。そのため、そこまで心配する必要はないでしょう。高くても15万円程度なので、念のためこれくらいの額が準備できているとより安心です。

 

またどうしても頭金は避けたい、そして好条件の利用をしたいと考えるなら、銀行カードローンを選んでみてください。

 

頭金を取り入れているところはほとんどなく、また低金利で利用できる場合も多いです。ただ、少額利用に関してはバイクローン以上の利率となる場合もあるので、金額に合わせて考えることが大切です。