バイクローン

アルバイトがローン利用するには

手軽で小回りの利くバイクは、若者のライフスタイルに活かしやすいです。そのため、アルバイトを生業とする若い世代が購入を検討しているといったケースも、少なくないことでしょう。

 

ですがその場合、やはり気になるのがお金の面かと思われます。アルバイト収入で立派なバイクを手に入れるというのは、簡単ではありません。

 

手持ちが足りないときに便利な存在といえばバイクローンですが、果たしてアルバイトでも利用することができるのでしょうか。気になりがちな部分、特集しました。

 

アルバイトは融資申し込みが難しい?

バイクローン以外にも、融資を受けられるサービスは多数存在します。

 

マイカーローン、オートローンと呼ばれるものや、一般的なカードローン、キャッシング、住宅ローンなど、状況に合わせて選べるラインナップが揃っています。

 

ですが、便利だからといってどれでも選び放題というわけではありません。基本的に、必ず審査が存在するため、それを通らなければ融資してもらえません。

 

そしてこのとき見られるポイントは、職業にも大きく関連しています。

 

まずひとつに、職種や職歴です。

 

広く知られた大企業などであれば、高い信頼を得られます。また長期間にわたり働いているようであれば、安定収入があるとみなされ、返済能力の評価に繋がります。

 

逆に、あまり知られていない、勤務内容も分かりにくいような会社であり、なおかつ職を転々をしているといった場合は、信頼が得られにくく審査は通りにくいです。

 

アルバイトであっても有名企業で働ける場合はあるので、なおかつ長期間にわたり勤務しているとなれば、融資を受けられる可能性が高まるでしょう。

 

次に、収入状況です。大きな会社で働いていたとしても、やはりアルバイト契約である以上、賃金の低さは否めません。

 

収入が多ければ多いほど、余裕をもって返済できる人物と判断されるので、返済能力の審査に大きく関連してきます。

 

この点の見られ方に関しては、金融業者や商品次第となってきます。高所得者向けのローンから、フリーター向けの手軽なものまで多岐に存在するので、どのサービスを利用するか慎重に検討してみてください。

 

最後に、職業とはそこまで関係ありませんが、過去の借入歴も審査基準となってきます。フリーターであれば、今回のバイク購入以前にもお金を工面するため融資経験があるかもしれません。

 

複数社からすでに借り入れている、もしくは完済していても、ブラックに認定されているなどであれば、借り入れは難しくなってきます。

 

金融サービスにおける審査は、主にこのような点を重要視されます。ある程度厳しく感じられるかもしれませんが、アルバイトは融資を受けられないのかといえば、決してそうでもありません。

 

アルバイト契約でも、ある程度知られた会社で長期間働いており、収入が安定している、さらに過去の借り入れ歴がない、クリーンに利用できているともなれば、融資を受けられる確率は高まります。

 

アルバイトだからという理由だけで、諦める必要はないのです。

 

 

バイクローンに関して

さて、上記では一般的な融資に関して説明しましたが、続いて本題である、バイクローンのケースをご紹介します。

 

まず一般論として、通常のカードローンと比べバイクローンは審査が通りにくいです。用途が明確にされた専門ローンであり、なおかつ比較的融資可能額が大きいことから、一定の信用度が不可欠となるためです。

 

とはいえ、アルバイトなら絶対審査に通らないというわけでもありません。

 

審査では、正社員であるかアルバイトであるかよりも、安定収入があるかという面を重視するため、アルバイトでもしっかり稼げていれば融資してもらえる確率は高いです。

 

とはいえ、正社員と比べるとやはりある程度低収入になりがちなので、比較すると少し通りにくいかもしれません。

 

注意する点としては、未成年のフリーターに関しては利用が難しいということです。

 

満20歳以上であれば、いち社会人として自己判断において申し込みできますが、未成年については利用不可、もしくは親の承諾不可欠としているところも少なくありません。

 

お金を借りるという作業には、やはり抵抗を持つ親も少なくないため、できれば秘密で契約したいという人も多いかもしれませんが、その点に関しては目を逸らせません。

 

結果的に、アルバイトにとってバイクローンを利用するということは、ややハードルの高い工面方法といえるでしょう。

 

 

アルバイトでもバイク購入に活かしやすい金融サービスは

バイクローン申し込みが少し難しいとはいえ、購入を実現したいという思いに変わりはないでしょう。

 

通勤やプライベートではよりフットワークが軽く動けるようになり、日々が充実するかもしれません。アルバイトでもより審査が通りやすい金融サービスも、チェックしてみてください。

 

おすすめは、ずばり銀行カードローンです。バイク専門ではありませんが、お金を工面できるという意味では同様の有効性を発揮してくれます。

 

なぜアルバイトにも利用しやすいのかといえば、それは審査がそこまで厳しくないためです。融資可能額の下限は1万円からに設定しているところもあり、まさに手軽な少額融資向けとなっています。

 

審査に通りにくい状況のフリーターであれば、最大10万円など十分な金額を融資してもらいにくくもなりますが、審査落ちさえしなければ、バイク購入は少なからず楽になります。

 

同じフリーターでも、未成年の場合に関しても重宝できます。親や保証人の承諾なく借りられる商品もあるため、第三者の同意が得られなくても利用しやすいのです。

 

またバイク購入の場合、バイク店ですぐに用立てたいといった状況も出てくるかもしれません。

 

ローンを勧めてくれるお店も少なくありませんが、その場合はやはり専門のバイクローンやマイカーローンになりやすく、審査は通りにくいです。

 

その点、銀行カードローンにはパソコンやスマホから審査・契約を完結できるウェブ申し込みに対応したサービスも多くみられます。

 

約30分でお店に居ながら振り込んでもらえる場合もあり、急ぎであっても助かります。

 

 

銀行カードローン利用で気をつけておくべきこと

お店から慌てて融資を申し込んだ場合、とにかくすぐにお金が手に入るサービスを選んでしまいがちです。

 

ですが、金融商品にはそれぞれ特性があり、条件もさまざまなので、急ぎであってもある程度は内容を確認しておくことが重要です。

 

そのため、状況に限らず最低限の確認は怠らないようにしておきましょう。

 

特に注目しておくべき点は、金利です。

 

バイク購入のための融資ともなれば、手持ちでは足りない分だけを少額利用するといった役立て方を考える人も多いでしょう。ですがこの場合、金利が高くなりがちです。

 

銀行カードローンの場合、4〜18%と、結構金利に幅があります。そして少額であればあるほど、法定上限である18%に近くなります。

 

そもそも金利が低めに設定された低金利銀行カードローンを選んでおけば、そういった負担もある程度和らげておくことが可能となります。

 

結論からいって、アルバイトであってもバイクローンを利用することは可能です。ですが、職歴や収入状況、またそもそも審査が厳しいことから、融資困難となる場合も少なくありません。

 

安定収入がある場合に限り、検討することをおすすめします。より利用しやすいローンとしては、低金利の銀行カードローンが挙げられます。

 

審査に通りやすく、ウェブ申し込みに対応している商品も多い、また金利も好条件となれば、メリットの多い存在となってくれます。ぜひ検討してみてはいかがでしょう。